連帯の条件 : 合理的選択理論によるアプローチ

M.ヘクター 著 ; 小林淳一, 木村邦博, 平田暢 訳

社会科学者は、長い間「連帯」こそが、社会秩序・階級意識・民族主義・共通利益の供給といった社会現象の核心であると認識してきた。刊行直後から評判になり、社会学だけでなく、社会心理学、政治学の分野でも注目されてきた本書では、合理的な個人の行動にもとづいた連帯の理論-これまでのように様々な社会科学の分野ごとに分けられていた領域を超えて-を構築する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イントロダクション
  • 第2章 問題
  • 第3章 集団連帯の理論
  • 第4章 フォーマルなコントロールの必要性
  • 第5章 依存と政党連帯
  • 第6章 フォーマルなコントロールの創出
  • 第7章 資本主義社会の企業における補償の限界
  • 第8章 意図をもってつくられたコミュニティにおけるコントロール費用の節約
  • 第9章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 連帯の条件 : 合理的選択理論によるアプローチ
著作者等 Hechter, Michael
小林 淳一
平田 暢
木村 邦博
ヘクター M.
書名ヨミ レンタイ ノ ジョウケン : ゴウリテキ センタク リロン ニ ヨル アプローチ
書名別名 Principles of group solidarity

Rentai no joken
シリーズ名 Minerva社会学叢書 21
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2003.7
ページ数 305p
大きさ 22cm
ISBN 4623037975
NCID BA62964404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20658106
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想