伝記ラフマニノフ

ニコライ・バジャーノフ 著 ; 小林久枝 訳

ロシアの偉大なピアニスト・作曲家、セルゲイ・ラフマニノフの革命に翻弄されたその生涯をたどる、世界でもっとも定評あるニコライ・バジャーノフの伝記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古い樅の木
  • ペテルブルクの日々
  • 小さな野獣たち
  • "緑の島"
  • "小さな金色の雲が一夜を明かした"
  • 幸福の星の下で
  • 未来を告げる鳥
  • アーモントフ・オペラとともに
  • 目覚め
  • 最初の雷鳴
  • 第二交響曲
  • "死の島"
  • "白いライラック"
  • "鐘"
  • 喪失
  • 別離
  • 対岸で
  • クレルフォンテーン
  • セナール
  • 静かな明るい部屋
  • 白鳥の歌
  • ひとりのロシア人として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伝記ラフマニノフ
著作者等 Bazhanov, N.
Bazhanov, Nikolai Danilovich
小林 久枝
バジャーノフ ニコライ
書名ヨミ デンキ ラフマニノフ
書名別名 Rakhmaninov.

ラフマニノフ

Рахманинов. (第2版)

Denki rafumaninofu
出版元 音楽之友社
刊行年月 2003.8
ページ数 463, 23p
大きさ 20cm
ISBN 427622621X
NCID BA62939983
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20473468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想