十字架の謎 : キリスト教の核心

A.E.マクグラス 著 ; 本多峰子 訳

キリスト教信仰の中心である十字架は、今日の教会と神学、キリスト者の生活にとって何を意味するのか?ルターの「十字架の神学」をてがかりに鋭く問いかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 キリスト教の核心・十字架(十字架はキリスト教の基礎である
  • 十字架の不可避性
  • 十字架と今日の知恵)
  • 第2部 十字架の今日的意味(十字架をどう解釈するか
  • 十字架につけられた隠された神
  • 十字架を宣べ伝える
  • 十字架を背負って生きる(信徒のあり方
  • 教会のあり方))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十字架の謎 : キリスト教の核心
著作者等 McGrath, Alister E.
本多 峰子
マクグラス アリスター・E.
書名ヨミ ジュウジカ ノ ナゾ : キリストキョウ ノ カクシン
書名別名 The enigma of the cross

Jujika no nazo
出版元 教文館
刊行年月 2003.7
ページ数 263p
大きさ 19cm
ISBN 4764266407
NCID BA62907069
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20581269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想