戦争観なき平和論

保阪正康 著

日本に昭和の戦争を戦う「資格」があったのか。戦後の平和論は「資格」なき戦争を戦ったことへの自省がなかったゆえ、何も生まなかった。ではその「資格」とは何を意味するか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 昭和史のキーワード(昭和天皇
  • 統帥権
  • 国家総動員法 ほか)
  • 2 戦争観なき平和論(近代日本の愚かな選択と自省
  • 戦争観なき平和論-真珠湾攻撃から六〇年
  • 「二十世紀の昭和史」への訣別 ほか)
  • 3 昭和恐慌を脱した人々(昭和金融恐慌-「信頼される政治」があった時代
  • 高橋是清と昭和恐慌
  • 脱恐慌の企業人1-鮎川義介と大原孫三郎 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争観なき平和論
著作者等 保阪 正康
書名ヨミ センソウカン ナキ ヘイワロン
出版元 中央公論新社
刊行年月 2003.6
ページ数 347p
大きさ 20cm
ISBN 4120034038
NCID BA62897996
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20456395
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想