環境ホルモン : 人心を「攪乱」した物質

西川洋三 著

自然はメス化していなかった!多摩川のコイのメス化から精子の減少まで、その真実が明らかに。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 寝耳に水の一大事
  • 1章 マスコミ人の勇み足
  • 2章 環境ホルモンとは何か
  • 3章 多摩川のコイ
  • 4章 鳥や魚に危機迫る?
  • 5章 ヒトもあぶない?
  • 6章 大豆VS.ビスフェノールA
  • 7章 まとめと展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境ホルモン : 人心を「攪乱」した物質
著作者等 西川 洋三
書名ヨミ カンキョウ ホルモン : ジンシン オ カクランシタ ブッシツ
シリーズ名 Environmental science for our future 4
シリーズ地球と人間の環境を考える 4
出版元 日本評論社
刊行年月 2003.7
ページ数 213, 6p
大きさ 19cm
ISBN 453504824X
NCID BA62896053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20448055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想