仕事の社会科学

石田光男 著

私たちは職場の変化を通じて現代社会の激しい変動を実感している。そして実業世界の激変の背後で、労働研究の世界もそれに劣らず大きな変化が起きている。本書はこの状況下で、労働の制度的研究の深化の一助となるよう、実社会と学問世界における変化の影響の相関を念頭に、実例と研究諸説を対比し、仕事についての認識方法・研究方法を探究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 労働研究の方法的伝統-意義と限界
  • 第2章 仕事の社会科学-賃金論と仕事論
  • 第3章 工場労働の生産性管理
  • 第4章 ホワイトカラー労働の生産性管理
  • 第5章 報酬改革
  • 第6章 労働組合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仕事の社会科学
著作者等 石田 光男
書名ヨミ シゴト ノ シャカイ カガク : ロウドウ ケンキュウ ノ フロンティア
書名別名 労働研究のフロンティア

Shigoto no shakai kagaku
シリーズ名 Minerva人文・社会科学叢書 84
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2003.7
ページ数 233p
大きさ 22cm
ISBN 462303819X
NCID BA62894116
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20453337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想