アメリカのグローバル化戦略

福島清彦 著

二度とテロの被害を受けないために世界をアメリカ化する-独善的な戦略に勝算はあるか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 軍事力が先行する危険な戦略(新グローバル化戦略の三本柱
  • 外国政府打倒を正当化する論理 ほか)
  • 第2章 中東改造計画(カネと教育による国家改造計画
  • 改造計画を支える二つの思想とその限界)
  • 第3章 特異で独善的な使命感(独自の建国思想
  • 「自国の国」の誇り ほか)
  • 第4章 自己変革に取り組むイスラム諸国(九・一一の衝撃
  • テロの苗床としての貧困 ほか)
  • 第5章 ブッシュ戦略の行方(米国流グローバル化戦略を取りまく条件
  • ジャパン・マネーの重要な役割 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカのグローバル化戦略
著作者等 福島 清彦
書名ヨミ アメリカ ノ グローバルカ センリャク
書名別名 Amerika no gurobaruka senryaku
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2003.7
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 406149676X
NCID BA62884790
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20418811
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想