鎌倉北条氏の興亡

奥富敬之 著

北条氏は源氏から鎌倉幕府を乗っ取った悪党だったのか。北条政子と源頼朝、源平合戦、承久の乱、蒙古襲来、後醍醐天皇らの挙兵などから、鎌倉幕府と運命を共にした北条氏の興亡を辿り、今までの北条氏像を一新する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鎌倉幕府の草創と北条氏(武家時代の序幕
  • 伊豆時代の北条氏 ほか)
  • 執権政治の展開(生涯三度の難
  • 執権政治の確立 ほか)
  • 得宗専制の確立(宮騒動と宝治合戦
  • 幕政の一大転換 ほか)
  • 蒙古襲来と徳政(蒙古の襲来
  • 外様御家人と御内人)
  • 権力空洞化と幕府滅亡(最後の幕政改革
  • 鎌倉幕府の滅亡)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鎌倉北条氏の興亡
著作者等 奥富 敬之
書名ヨミ カマクラ ホウジョウシ ノ コウボウ
書名別名 Kamakura hojoshi no kobo
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 159
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2003.8
ページ数 226p
大きさ 19cm
ISBN 4642055592
NCID BA62882660
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20448640
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想