「使いやすさ」の認知科学 : 人とモノとの相互作用を考える

原田悦子 編著

[目次]

  • 第1部 認知科学による人工物研究(コミュニケーション的インタフェース論
  • 人間-コンピュータ間の社会的インタラクションとその文化依存性
  • 認知的人工物を介した対話-対象指示コミュニケーション場面における認知的課題の検討
  • 身体と相互性-ビデオコミュニケーション空間における身体の再構築)
  • 第2部 これからの人‐モノ相互作用(他者との切り結びとしてのコミュニケーション
  • 「使いやすさ」とは何か-高齢社会でのユニバーサルデザインから考える
  • ユビキタス・コンピューティングの過去・現在・未来
  • 分散認知-HCI研究の新たな出発に向けて
  • HCIの知識を効果的に利用・再利用するために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「使いやすさ」の認知科学 : 人とモノとの相互作用を考える
著作者等 原田 悦子
書名ヨミ ツカイヤスサ ノ ニンチ カガク : ヒト ト モノ トノ ソウゴ サヨウ オ カンガエル
シリーズ名 認知科学の探究 / 日本認知科学会 編
出版元 共立
刊行年月 2003.7
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 4320094409
NCID BA62882354
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20446251
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想