万里の長城攻防三千年史

来村多加史 著

あの長大な建造物は役に立ったのか。歴代王朝とともに歴史を刻んできた長城の素顔に挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 長城防衛の起源-西周時代〜春秋戦国時代(長城建設はいつはじまったか
  • 戦国長城を復元する)
  • 第2章 「万里」をはるかに超えて-秦代〜前漢時代(長城を膨らませる意義はどこにある
  • さらに広がる万里の長城
  • のびすぎた長城をどう守ろう)
  • 第3章 揺らぎはじめた長城経営-後漢時代〜宋代(転換する防衛戦略
  • 長城はもういらない?)
  • 第4章 時代遅れとなりゆく長城-元代〜清代(長城防衛、復活の兆し
  • 長城復活し、そして捨てられる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 万里の長城攻防三千年史
著作者等 来村 多加史
書名ヨミ バンリ ノ チョウジョウ コウボウ サンゼンネンシ
書名別名 Banri no chojo kobo sanzennenshi
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2003.7
ページ数 264p
大きさ 18cm
ISBN 4061496743
NCID BA62866653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20418817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想