エコノミスト南の貧困と闘う

ウィリアム・イースタリー 著 ; 小浜裕久, 織井啓介, 冨田陽子 訳

本書は、「なぜ貧困はなくならないのか」という開発経済学における一大テーマを、著者の世銀時代の経験をフルに生かしてわかりやすくひも解く。第1部、第2部では、エコノミストが過去50年間、いかに途上国経済の運営に失敗してきたかをみていく。第3部では、著者の新しい処方箋が語られる。すなわち、「貧しい人々には貧しさから抜け出すインセンティブがないことが多く、政府は貧困の罠から抜け出すインセンティブを提供してあげなくてはならない」のである。「…そして、多くの貧しい国が豊かになりますように」。本書を締めくくるこの著者の言葉と同じ思いを持つ読者に手にとっていただきたい一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 なぜ成長が重要なのか(貧しい人々を助ける)
  • 第2部 うまくいかなかった処方箋(投資に対する援助
  • ソローが与えた衝撃-投資は成長の主因にはならない
  • 教育は成果をもたらしたか
  • コンドームへの資金援助は必要か
  • 借金はしたが成長はしなかった
  • 債務救済の功罪)
  • 第3部 人はインセンティブに反応する(規模に関する収穫逓増の物語-知識の波及、技能のマッチング、貧困の罠
  • 創造的破壊-技術の力
  • 不幸な星のもとに
  • 政府は成長を殺すことがある
  • 汚職と成長
  • 分断された人々
  • 結論-ラホールから)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エコノミスト南の貧困と闘う
著作者等 Easterly, William
冨田 陽子
小浜 裕久
織井 啓介
イースタリー ウィリアム
書名ヨミ エコノミスト ミナミ ノ ヒンコン ト タタカウ
書名別名 The elusive quest for growth
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2003.7
ページ数 420, 42p
大きさ 20cm
ISBN 4492443045
NCID BA62864079
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20446802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想