イスラム世界はなぜ没落したか? : 西洋近代と中東

バーナード・ルイス 著 ; 臼杵陽 監訳 ; 今松泰, 福田義昭 訳

軍事・経済・科学・芸術-かつてイスラムは世界の中心だった。キリスト教ヨーロッパなど恐れるにおよばない野蛮な存在のはずだった。…しかし、すべてが一転した。あらゆる面で西洋に屈することになったイスラム世界。何がうまくいかなかったのか?イスラム世界没落の原因と苦悩を、中東史研究の権威が描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦場の教訓
  • 第2章 富国強兵の探求
  • 第3章 社会的文化的障壁
  • 第4章 近代化と社会的平等
  • 第5章 世俗主義と市民社会
  • 第6章 時間・空間・近代性
  • 第7章 文化変容の諸側面

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラム世界はなぜ没落したか? : 西洋近代と中東
著作者等 Lewis, Bernard
今松 泰
福田 義昭
臼杵 陽
ルイス バーナード
書名ヨミ イスラム セカイ ワ ナゼ ボツラクシタカ : セイヨウ キンダイ ト チュウトウ
書名別名 What went wrong?
出版元 日本評論社
刊行年月 2003.7
ページ数 261p
大きさ 20cm
ISBN 4535583307
NCID BA62802752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20439529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想