社会福祉の原理と思想

岩田正美 ほか編

歴史・国際比較を踏まえてさまざまな社会福祉のあり方を示すことを通じて、社会福祉の思想と原理を体系的に整理した「社会福祉原論」の新テキスト。広い視野から現代社会の中に社会福祉を位置づけるとともに民間の福祉活動やジェンダーの視点を加え、今日の変動する社会において社会福祉をとらえ直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生活と社会福祉
  • 社会制度としての社会福祉
  • 社会福祉の歴史的展開(イギリス
  • アメリカ
  • 日本)
  • 社会福祉の思想と価値
  • 社会福祉の実施方法とその原理-ニーズ充足の過程
  • 公的責任と行財政制度
  • 市民社会における福祉活動
  • ジェンダーと社会福祉
  • 社会福祉サービスと従事者
  • 社会福祉の国際動向
  • 現代社会と社会福祉-地域福祉計画を中心にして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会福祉の原理と思想
著作者等 岩田 正美
平岡 公一
武川 正吾
永岡 正己
書名ヨミ シャカイ フクシ ノ ゲンリ ト シソウ
書名別名 Shakai fukushi no genri to shiso
シリーズ名 社会福祉基礎シリーズ : 社会福祉原論 / 高橋重宏 ほか編 1
出版元 有斐閣
刊行年月 2003.7
ページ数 345p
大きさ 19cm
ISBN 4641055254
NCID BA62797754
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20457213
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想