開発経済学の潮流

G.M.マイヤー, J.E.スティグリッツ 共編 ; 関本勘次, 近藤正規, 国際協力研究グループ 訳

グローバル化と市場経済化の時代に、国際開発の理念、政策も大きく変貌しつつある。市場と制度の関連を重視するようになった開発経済学の新たな展開の時点にあたって、本書は、開発経済学の先駆者たちと、最先端の世代との対話の上に、この学問で変わらぬもの、変わりつつあるものを明らかにすることに努めている。21世紀の国際開発の理論的フレームワーク変化を歴史的展望の下に理解しようとする人びとに勧めたい好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 開発のアイディア
  • 開発経済学の新旧世代
  • 開発が目指すべき目標
  • 開発理論における誤謬と政策への示唆
  • 開発への挑戦の再検討
  • 貧困をとらえる考え方の進化:相互関連性への考察
  • 開発の諸問題:解決した問題と未解決の問題
  • 分配上のコンフリクト、集団行動と制度派経済学
  • 開発・発展をめぐる歴史的概観
  • 政治的側面の探求-開発政策立案の政治経済学
  • 現代の経済学理論と開発
  • ノーベル賞受賞経済学者の考え方
  • 先駆者の考え方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 開発経済学の潮流
著作者等 Meier, Gerald M.
Stiglitz, Joseph E.
国際協力研究グループ
近藤 正規
関本 勘次
スティグリッツ ジョゼフ・E.
マイヤー ジェラルド・M.
書名ヨミ カイハツ ケイザイガク ノ チョウリュウ : ショウライ ノ テンボウ
書名別名 Frontiers of development economics

将来の展望
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 2003.7
ページ数 412p
大きさ 25cm
ISBN 4431710043
NCID BA62765099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20441386
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想