アンチ・スペクタクル : 沸騰する映像文化の考古学

長谷正人, 中村秀之 編訳

この本を読まずして、「映画」と「モダニティ」を語ることなかれ。トム・ガニング、ジョナサン・クレイリー、メアリー・アン・ドーン、ダイ・ヴォーン…英語圏における映像文化研究の画期となった論考の集成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 「想起」としての映像文化史
  • 1 痕跡としての映像-テクノロジーとしてのカメラ(光あれ-リュミエール映画と自生性
  • フロイト、マレー、そして映画-時間性、保存、読解可能性
  • 個人の身体を追跡する-写真、探偵、そして初期映画)
  • 2 循環する映像-資本主義と視覚文化(解き放たれる視覚-マネと「注意」概念の出現をめぐって
  • 幽霊のイメージと近代的顕現現象-心霊写真、マジック劇場、トリック映画、そして写真における無気味なもの
  • 世紀末パリにおける大衆のリアリティ嗜好-モルグ、蝋人形館、パノラマ)
  • 3 映像のショック作用-大衆的身体感覚と初期映画(モダニティ、ハイパー刺激、そして大衆的センセーショナリズムの誕生
  • アトラクションの映画-初期映画とその観客、そしてアヴァンギャルド)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アンチ・スペクタクル : 沸騰する映像文化の考古学
著作者等 中村 秀之
長谷 正人
Vaughan Dai
書名ヨミ アンチ スペクタクル : フットウスル エイゾウ ブンカ ノ アルケオロジー
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2003.6
ページ数 324, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4130802038
NCID BA62746017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20433801
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想