ビオトープを考えるヒント

木呂子豊彦 著

環境ボランティア、学校関係者必携。学校や公園の小さな自然生態園から、大陸や列島を縦横断するビオトープ・ネットワークまで-。広範囲に渡るビオトープの概念を、国内、アメリカの最新事情を通して紹介する、環境保全活動にかかわるすべての人たちのための最新ガイド。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ビオトープとしての川の姿
  • ビオトープとしての山の姿
  • 教育と福祉を支える流域ビオトープ
  • 学校ビオトープ、大人たちの学校への戻り道
  • 子どもを再考する
  • 水都の学校ビオトープ
  • 東へ、西へ、学校ビオトープを巡る旅
  • 第二段階の学校ビオトープづくり
  • 学校ビオトープを巡るQ&A
  • ホームレスとしての生物〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビオトープを考えるヒント
著作者等 木呂子 豊彦
書名ヨミ ビオトープ オ カンガエル ヒント
書名別名 Biotopu o kangaeru hinto
出版元 新風舎
刊行年月 2003.5
ページ数 162p
大きさ 19cm
ISBN 4797427728
NCID BA62739634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20419173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想