ロシアの源流 : 中心なき森と草原から第三のローマへ

三浦清美 著

東から西から、ルーシの地に歴史の圧力がかかる。モンゴル、十字軍、異教リトアニア、そしてビザンツの正教会。中世期、激動するユーラシアでルーシがロシアへと固まってゆくドラマを追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 宗教国家としてのロシア
  • 第1章 「ロシア」と「ルーシ」
  • 第2章 トヴェーリ公ミハイルの野望
  • 第3章 モスクワ公イワン・カリターの秘策
  • 第4章 最後の異教国家リトアニア
  • 第5章 府主教座簒奪戦争
  • 中世共和政都市の栄光と苦悩
  • 第7章 モスクワは第三のローマである

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロシアの源流 : 中心なき森と草原から第三のローマへ
著作者等 三浦 清美
書名ヨミ ロシア ノ ゲンリュウ : チュウシン ナキ モリ ト ソウゲン カラ ダイサン ノ ローマ エ
シリーズ名 講談社選書メチエ 274
出版元 講談社
刊行年月 2003.7
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 4062582740
NCID BA62732599
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20437343
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想