人と人びと : 規範の社会学

三苫民雄 著

人びとが社会生活を営む際に、暗黙の前提たる規範と価値観を考察した話題の本。他人を知り、自分がわかる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 社会と宗教(日本人の宗教意識について
  • 「無宗教」という宗教 ほか)
  • 第2章 社会と個人-実証主義的社会学と個人主義的世界観(実証主義の精神
  • オーギュスト・コントと「人類教」 ほか)
  • 第3章 社会的身体と規範(身体
  • 規範 ほか)
  • 補論 進化論とロマン主義-中・東欧の歴史的視座(ヒューマニズムの問題
  • 進化論と機械論的自然観 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人と人びと : 規範の社会学
著作者等 三苫 民雄
書名ヨミ ヒト ト ヒトビト : キハン ノ シャカイガク
出版元 いしずえ
刊行年月 2003.5
ページ数 135p
大きさ 21cm
ISBN 4900747963
NCID BA62714848
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20416004
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想