近代日本の米穀市場 : 国内自由流通期とその前後

小岩信竹 著

[目次]

  • 第1部 自由取引市場への移行(明治初年における貢米地払いと米穀市場
  • 明治10年代の米価動向と米穀中継地市場
  • 明治前期の米穀流通結社-秋田改良社をめぐって)
  • 第2部 自由取引市場の展開(明治期における米価および他商品価格の地域間変動について
  • 明治期における地方米穀取引所と地域間米穀移動-北海道市場をめぐって
  • 明治期の農村市場における商品担保金融について-秋田県平鹿郡増田町石田家の事例 ほか)
  • 第3部 米穀統制開始期の米穀市場(米穀法制定期における市場の統一性と地域性
  • 大正期における北海道への白米移出について-青森県産米の事例
  • 米穀取引所の統制政策 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の米穀市場 : 国内自由流通期とその前後
著作者等 小岩 信竹
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ ベイコク シジョウ : コクナイ ジユウ リュウツウキ ト ソノ ゼンゴ
出版元 農林統計協会
刊行年月 2003.6
ページ数 321p
大きさ 22cm
ISBN 4541030640
NCID BA62709972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20453332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想