生物の形の多様性と進化 : 遺伝子から生態系まで

関村利朗, 野地澄晴, 森田利仁 共編

動物・植物にかかわらず、生物はじつにさまざまな形をしている。これら生物の形は、どのように形成され、またその多様性はどのように進化してきたのであろうか。遺伝学、発生生物学、進化生態学、数理科学、系統学、古生物学など、多方面からアプローチされているが、真の理解にはいまだほど遠い。本書では、生物の形の多様性と進化についての普遍的な考え方・原理を探究する第一歩として、研究の現状と新たな展開の萌芽を、各分野の第一線で活躍する研究者がわかりやすく紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 形の多様性と進化
  • 第2編 動物の形の進化
  • 第3編 植物の形と適応
  • 第4編 遺伝子と形態形成
  • 第5編 生物における集団とパターン
  • 第6編 生物の形態解析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生物の形の多様性と進化 : 遺伝子から生態系まで
著作者等 森田 利仁
野地 澄晴
関村 利朗
書名ヨミ セイブツ ノ カタチ ノ タヨウセイ ト シンカ : イデンシ カラ セイタイケイ マデ
書名別名 Seibutsu no katachi no tayosei to shinka
出版元 裳華房
刊行年月 2003.6
ページ数 352p
大きさ 21cm
ISBN 4785358378
NCID BA62675509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20435585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想