日本企業のガバナンス改革 : なぜ株主重視の経営が実現しないのか

大村敬一, 増子信 著

経済再生に必要なのは、ガバナンス改革を断行し、経営の規律を取り戻すことだ!豊富なデータを駆使して、改革の方針を企業タイプ別に明示し、機関投資家の動向も明らかにする意欲的分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ コーポレートガバナンスをファイナンスの視点から見る
  • 序章 経済再生は効率的企業経営から
  • 第1章 日本企業はこうして規律を失っていった
  • 第2章 ファイナンスシステムから日本企業の衰退をとらえる
  • 第3章 企業タイプ別ガバナンス改革
  • 第4章 規律付けは誰によって担われるのか
  • 終章 マーケットからの規律付けと経済再生
  • エピローグ 誰が古いシステムを崩すのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本企業のガバナンス改革 : なぜ株主重視の経営が実現しないのか
著作者等 増子 信
大村 敬一
書名ヨミ ニホン キギョウ ノ ガバナンス カイカク : ナゼ カブヌシ ジュウシ ノ ケイエイ ガ ジツゲンシナイノカ
書名別名 Nihon kigyo no gabanansu kaikaku
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2003.6
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 4532310547
NCID BA62585133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20422454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想