伊沢多喜男と近代日本

大西比呂志 編

和歌山・愛媛・新潟の県知事・警視総監・東京市長・台湾総督・枢密顧問官の役職につき、大正後半から昭和戦前期の政界に隠然たる力を発揮した官僚政治家伊沢多喜男。その活動を分析し、近代日本における官僚と政治の関係を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 県知事時代の伊沢多喜男
  • 大浦兼武と伊沢多喜男-内務官僚として
  • 伊沢多喜男と東京市政
  • 植民地統治における官僚人事-伊沢多喜男と植民地
  • 中間内閣期の伊沢多喜男
  • 国家総動員法案と伊沢多喜男
  • 戦中戦後の伊沢多喜男-内務官僚支配の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伊沢多喜男と近代日本
著作者等 大西 比呂志
書名ヨミ イザワ タキオ ト キンダイ ニホン
出版元 芙蓉書房
刊行年月 2003.6
ページ数 235p
大きさ 22cm
ISBN 4829503327
NCID BA62558731
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20452822
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想