公園の誕生

小野良平 著

明治になって公園はなぜ造られたのか。治安や伝染病予防のための街角の公園や、上野公園・皇居外苑など、パレードや博覧会が行われた国民統合の装置としての公園…。帝都東京の都市計画を探り、近代の公園を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 装置としての公園-プロローグ
  • 帝都の構想と公園(公園制度の誕生と市区改正
  • 都市の肺臓論と公園 ほか)
  • 都市計画の中の公園(明治二十一年東京市区改正委員会
  • 衛生行政の展開 ほか)
  • 国家的催事と公園-上野公園(博覧会と上野
  • 天皇のパフォーマンスと上野公園)
  • 帝都の儀礼と公園-皇居外苑(国家儀礼のための広場
  • 国家の公園と群集)
  • 公園計画論の系譜(公園の現在
  • 公園の計画論と公共性)
  • パラドクスを抱えた公園-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公園の誕生
著作者等 小野 良平
書名ヨミ コウエン ノ タンジョウ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 157
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2003.7
ページ数 216p
大きさ 19cm
ISBN 4642055576
NCID BA62513438
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20423635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想