憧憬の神学 : キリスト教と現代思想

小田垣雅也 著

人間が手に取るものは必ず消滅する。ゆえにそれは本質的な意味では現実的でない。人間にとって本当に現実的であるものは潜勢態、つまり憧憬としてのみある。現代の徹底した相対主義の中でなお、われわれが絶対なるものに触れうるとしたら、それはどのようにして可能か。著者は相対を脱することなく、相対であるという有りようそのものによって人間は絶対に通じているとする。この二重性の現実を、絶対無と神との関係から信即不信の境地として示し、イエス伝学の考察を通して近代的学問の真理論的反省を論ずるとともに、全体性の回復を試みるニュー・サイエンスの動向に着目して、学問と神秘、事実と意味の関係を解明する。さらに、途上の生という人間理解に基づき、その未完結性に徹するがゆえに可能な、他者理解と宗教間対話の場を探求する。キリスト教神学のみならず、現代における宗教の意義、現代思想や知識論の課題に関心をもつ読者に新鮮な驚きをもたらす好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序説・絶対無と神
  • 第2章 憧憬ということ
  • 第3章 憧憬とネオ・ロマンティシズム
  • 第4章 神秘と学問
  • 第5章 科学と宗教
  • 第6章 宗教と芸術
  • 第7章 日本文化とキリスト教

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憧憬の神学 : キリスト教と現代思想
著作者等 小田垣 雅也
書名ヨミ ドウケイ ノ シンガク : キリストキョウ ト ゲンダイ シソウ
書名別名 Dokei no shingaku
出版元 創文社
刊行年月 2003.5
ページ数 197, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4423301156
NCID BA62510724
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20473063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想