ハイデッガーとデリダ : 時間と脱構築についての考察

ハーマン・ラパポート 著 ; 港道隆 ほか訳

ハイデッガーとデリダの関係を、「時間」と「言語」に焦点を当て解明する野心作。西洋形而上学の破壊を試みたハイデッガーの思惟の変遷をたどり、その領域を相続しながらも異質な境位を拓くデリダの思考の展開を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章(破壊と脱構築
  • ハイデッガーの転回 ほか)
  • 第1章 時間の定めを翻訳する(差異の差異
  • 翻訳としての時間 ほか)
  • 第2章 初期ハイデッガー(Grundprobleme「根本的諸問題」
  • 人間の諸々の目的=終焉)
  • 第3章 掛詞(ヘルダーリンを読む
  • 到着しつつある文学 ほか)
  • 第4章 黙示録の先取りの数々(存在の授与
  • ハイデッガーの書簡=呼応 ほか)
  • 第5章 テーゼの時間としての時間のテーゼ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハイデッガーとデリダ : 時間と脱構築についての考察
著作者等 Rapaport, Herman
加藤 恵介
後藤 博和
檜垣 立哉
港道 隆
ラパポート ハーマン
書名ヨミ ハイデッガー ト デリダ : ジカン ト ダツコウチク ニ ツイテ ノ コウサツ
書名別名 Heidegger and Derrida
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 753
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2003.6
ページ数 348, 30p
大きさ 20cm
ISBN 458800753X
NCID BA62497819
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20538028
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想