都市基盤の整備と土地価格の評価 : 震災・戦災の事例に学ぶ

小野宏哉 著

本書では東京の市街地整備に大きな役割を果たした2大復興区画整理事業を取り上げ、その事後評価をふくめて歴史的な経緯を検討し、今後公共空間を整備するうえで公共主体にとっての開発利益処分方策に必要とされる条件を引き出すことを目的とする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 既成市街地の改造における開発利益処分方策の評価枠組み
  • 第2章 旧東京市を例とする面的市街地整備の開発利益評価
  • 第3章 震災復興土地区画整理事業を対象とする開発利益処分方策の事後評価
  • 第4章 戦災復興土地区画整理事業を対象とする開発利益処分方策の事後評価
  • 第5章 開発利益処分のための土地評価システムの検討
  • 第6章 結論と今後の課題
  • 付章 復興地域の土地評価における地域的特性-阪神・淡路大震災前後の神戸市を事例として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市基盤の整備と土地価格の評価 : 震災・戦災の事例に学ぶ
著作者等 小野 宏哉
書名ヨミ トシ キバン ノ セイビ ト トチ カカク ノ ヒョウカ : シンサイ センサイ ノ ジレイ ニ マナブ
書名別名 Toshi kiban no seibi to tochi kakaku no hyoka
シリーズ名 麗澤大学経済学会叢書
出版元 麗澤大学出版会 : 廣池学園事業部
刊行年月 2003.6
ページ数 189p
大きさ 22cm
ISBN 4892054607
NCID BA62482480
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20418448
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想