ヒューマン・エコロジーは可能か : 人間環境論の哲学的基礎づけ

ゲオルク・ピヒト 著 ; 河井徳治 訳

本書では、次世代の環境哲学を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1論文 ヒューマン・エコロジーは可能か(ヒューマン・エコロジーと生物学
  • エコロジー、新たな科学のパラダイム
  • エコロジーと進化
  • 情報‐コミュニケーシヨン‐適応
  • 「われ思う」のエコロジー
  • 自然の中で人間によって形成された住み処と平和の条件)
  • 第2論文 「節度」の概念のために-マルティン・ハイデッガーを記念して
  • 第3論文 ユートピアと希望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒューマン・エコロジーは可能か : 人間環境論の哲学的基礎づけ
著作者等 Picht, Georg
河井 徳治
ピヒト ゲオルク
書名ヨミ ヒューマン エコロジー ワ カノウ カ : ニンゲン カンキョウ ロン ノ テツガクテキ キソズケ
書名別名 Humanokologie und frieden. (抄訳)
出版元 晃洋書房
刊行年月 2003.6
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 4771014604
NCID BA62462971
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20495591
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想