花鳥・山水画を読み解く

宮崎法子 著

中国絵画を代表する山水画と花鳥画。宋代以降、表裏をなすようにして発展してきたこの二つのジャンルは、一方は深山幽谷の景や、江湖に舟を浮かべて釣をする文人の姿などが描かれ、他方は竹や梅をはじめ牡丹、蓮、萱草、瓜、葡萄などの草花や果実、また鴨、鷺、鵲などの鳥や魚や蝶など、好ましい意味をもつとされるモチーフが繰り返し描かれた。本書では、これらの中国絵画の画題やモチーフに焦点を結ぶことによって、宋代から本格化した科挙制度を背景にして広まった理想世界としての隠逸への憧憬や、科挙合格を含む現世の幸福を願う広範な人々の夢など、画題に映る社会や人々の心とそこに託された寓意を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 山水画(中国絵画についての長い序章
  • 山水画の意味
  • 文人山水画とその広がり)
  • 2 花鳥画(花鳥画とその意味
  • 花鳥画の画題
  • 文人の画題と吉祥の画題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花鳥・山水画を読み解く
著作者等 宮崎 法子
書名ヨミ カチョウ サンスイガ オ ヨミトク : チュウゴク カイガ ノ イミ
書名別名 中国絵画の意味
シリーズ名 角川叢書 24
出版元 角川書店
刊行年月 2003.6
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 4047021245
NCID BA62459310
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20422455
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想