Brückenbau

ディルク・ビューラー 編著 ; 中井博, 栗田章光 監訳 ; 海洋架橋調査会 訳

この本は、ドイツ博物館における橋梁構造物の歴史や技術に関する展示品を見て回る際の学習ガイドブックです。この本には、印象的で有名な橋が数多く紹介され、橋が歴史的にどのような方法によってつくられてきたのか、さらに今日の橋には、どのような近代的技術が用いられているのかが記述されています。また、橋の構造形式についても、図や写真によって視覚的に解説されています。事例紹介とともに、広範囲にわたる知見が盛り込まれているので、展示品に対する理解をより深めることができます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アーチ橋
  • 桁橋
  • 吊構造
  • 可動橋
  • ユートピア
  • 展示物の歴史と展示の歴史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Brückenbau
著作者等 Bühler, Dirk
中井 博
栗田 章光
海洋架橋調査会
B¨uhler Dirk
ビューラー ディルク
書名ヨミ Bruckenbau : ハクブツカン デ マナブ ハシ ノ ブンカ ト ギジュツ
書名別名 Bruckenbau

博物館で学ぶ橋の文化と技術

Bruckenbau
出版元 鹿島出版会
刊行年月 2003.6
ページ数 205p
大きさ 22cm
ISBN 4306093697
NCID BA62457053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20421287
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想