無意識の脳自己意識の脳 : 身体と情動と感情の神秘

アントニオ・R.ダマシオ 著 ; 田中三彦 訳

世界的ベストセラー!現代脳科学の常識をくつがえす「脳‐身体論」!感情はどのように認識されるか、意識という主観的現象を厳密で客観的に科学する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 脳と意識の謎(「脳の中の映画」とは何か)
  • 第2部 すべては情動と感情から(外向きの情動と内向きの感情
  • 「意識障害」から意識を学ぶ ほか)
  • 第3部 意識の神経学(隠された身体と脳
  • 中核意識の発見-無意識と意識の間 ほか)
  • 第4部 身体という劇場(情動と感情の基盤は何か
  • 無意識と意識のコントロール ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無意識の脳自己意識の脳 : 身体と情動と感情の神秘
著作者等 Damasio, Antonio R
田中 三彦
ダマシオ アントニオ・R.
書名ヨミ ムイシキ ノ ノウ ジコ イシキ ノ ノウ : シンタイ ト ジョウドウ ト カンジョウ ノ シンピ
書名別名 The feeling of what happens

Muishiki no no jiko ishiki no no
出版元 講談社
刊行年月 2003.6
ページ数 412p
大きさ 20cm
ISBN 4062118785
NCID BA62424032
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20423197
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想