パサージュ論  第4巻

ヴァルター・ベンヤミン 著 ; 今村仁司 ほか訳

産業と技術の進展によってユートピアは訪れるのか。初期社会主義者の注目されなかった側面に光をあてる。「サン=シモン、鉄道」「フーリエ」、商品生産や価値理論を取り上げて人間と労働の意味を考察する「マルクス」、技術がもたらした社会変容を論じる「写真」などの断章項目を収録。進歩思想と一線を画すベンヤミンの世界。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 覚え書および資料(サン=シモン、鉄道
  • 陰謀、同業職人組合
  • フーリエ
  • マルクス
  • 写真
  • 人形、からくり
  • 社会運動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パサージュ論
著作者等 Benjamin, Walter
今村 仁司
三島 憲一
ベンヤミン ヴァルター
書名ヨミ パサージュ ロン
書名別名 Das Passagen-werk

Pasaju ron
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
巻冊次 第4巻
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.9
ページ数 407p
大きさ 15cm
ISBN 4006001045
NCID BA62408739
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20478227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想