ムージル・エッセンス : 魂と厳密性

ローベルト・ムージル 著 ; 圓子修平 ほか訳

ナチズム、スターリニズムの挟撃を凌ぎ、ドイツ文学界に屹立したムージル。ジョイス、プルーストと比肩するも「最も知られざる作家」と称された神秘家の、鋭利で厳密な精神の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 倫理と美学
  • 文学と演劇
  • 政治と文化
  • 講演
  • 自作自解
  • 短篇
  • ムージル-人と作品

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ムージル・エッセンス : 魂と厳密性
著作者等 Musil, Robert
円子 修平
北島 玲子
堀田 真紀子
岡田 素之
早坂 七緒
赤司 英一郎
ムージル ローベルト
書名ヨミ ムージル エッセンス : タマシイ ト ゲンミツセイ
書名別名 Mujiru essensu
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2003.5
ページ数 538p
大きさ 22cm
ISBN 4805751509
NCID BA62402696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20420062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『熱狂家たち』スキャンダル 圓子修平
あるプログラムの側面 (プロフィール) 早坂 七緒
いま何を書いていますか? : ローベルト・ムージルとの対話 圓子修平
この時代の詩人 岡田 素之
エッセイについて 岡田 素之
エッセイストとしてのムージル 岡田 素之
オーストリアの政治 早坂 七緒
ドイツへの併合 北島 玲子
パパがテニスを習ったころ 堀田 真紀子
フランツ・ブライ 北島 玲子
モスクワ芸術座 岡田 素之
モラルの豊穣性 早坂 七緒
リルケを悼む 岡田 素之
ローベルト・ムージルの生涯と作品 早坂 七緒
ローベルト・ムージルの著作について 堀田 真紀子
一青年の政治的告白 早坂 七緒
宗教的なもの、モダニズム、形而上学 堀田 真紀子
寄る辺なきヨーロッパ : あるいはわき道に逸れ続ける旅 早坂 七緒
愚かさについて 岡田 素之
数学的人間 赤司 英一郎
文士と文学 : そのための欄外註 北島 玲子
文芸時評 : 短編小説考・ヴァルザー・カフカ 北島 玲子
新しい美学への端緒 : 映画のドラマトゥルギーのための覚え書き 早坂 七緒
映画か芝居か : 新しいドラマと新しい演劇 堀田 真紀子
昨日の女性、明日の女性 : フランツ・ブライに捧げる 北島 玲子
症候群 : 演劇 I 堀田 真紀子
症候群 : 演劇 II 堀田 真紀子
短編 (ノヴェレ) について 早坂 七緒
精神と経験 : 西洋の没落を免れた読者のためのコメント 早坂 七緒
芸術における猥褻なものと病的なもの 早坂 七緒
詩人の認識のためのスケッチ 赤司 英一郎
超心理学への注釈 北島 玲子
遺言 II 岡田 素之
魅せられた家 : 「静かなヴェローニカの誘惑」の初期稿 圓子修平
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想