歴史と精神分析 : 科学と虚構の間で

ミシェル・ド・セルトー 著 ; 内藤雅文 訳

歴史編纂における科学的言説と虚構的言説(寓話)との境界領域に存在する未知なるものを探究し、フロイト、フーコー、ラカンによって可能となった認識の新たな地平から、現代社会の組織や制度が内包する欺瞞やまやかしを暴く方法を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 言語活動の黒い太陽-ミシェル・フーコー
  • 第2章 微視的技法と一望監視的な言説-取り違え
  • 第3章 ミシェル・フーコーの笑い
  • 第4章 歴史、科学、虚構
  • 第5章 精神分析と歴史
  • 第6章 精神分析的「小説」-歴史と文学
  • 第7章 腐ったやつ-ルーダー-の制度
  • 第8章 ラカン-パロールの倫理学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史と精神分析 : 科学と虚構の間で
著作者等 Certeau, Michel de
内藤 雅文
De Certeau Michel
セルトー ミシェル・ド
書名ヨミ レキシ ト セイシン ブンセキ : カガク ト キョコウ ノ アイダ デ
書名別名 Histoire et psychanalyse entre science et fiction

Rekishi to seishin bunseki
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 760
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2003.6
ページ数 235, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4588007602
NCID BA62400781
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20530438
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想