漂流記の魅力

吉村昭 著

日本には海洋文学が存在しないと言われるが、それは違っている。例えば-寛政五(一七九三)年、遭難しロシア領に漂着した若宮丸の場合。辛苦の十年の後、津太夫ら四人の水主はロシア船に乗って、日本人初の世界一周の果て故国に帰還。その四人から聴取した記録が『環海異聞』である。こうした漂流記こそが日本独自の海洋文学であり魅力的なドラマの宝庫なのだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 海洋文学
  • 第2章 「若宮丸」の漂流
  • 第3章 ペテルブルグ
  • 第4章 世界一周
  • 第5章 長崎
  • 第6章 帰郷

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漂流記の魅力
著作者等 吉村 昭
書名ヨミ ヒョウリュウキ ノ ミリョク
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2003.4
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 4106100029
NCID BA62390826
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20395462
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想