食品機能論

五明紀春, 田島眞 編著

本書の構成は、総論と各論からなるが、総論では食品のもつ機能をその作用と関与する化合物を中心に解説した。栄養成分と同じように、機能性成分は食品をまたがって存在するものであるから、まず総論を通読してその概念をつかむことが大切である。各論は、食品ごとにその機能性と関与する化合物を解説した。実際に献立を立て、生理機能を利用するときは、各食品の機能を活用することが必要である。そのときには、この各論が役立つであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総論
  • 第2章 農産物の機能
  • 第3章 水産物の機能
  • 第4章 畜産物の機能
  • 第5章 発酵食品の機能
  • 第6章 茶の機能
  • 第7章 保健機能食品
  • 補遺 食品機能の情報収集法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食品機能論
著作者等 五明 紀春
田島 真
書名ヨミ ショクヒン キノウ ロン
シリーズ名 Neo eskka series
ネオエスカシリーズ
出版元 同文書院
刊行年月 2003.4
版表示 改訂版.
ページ数 154p
大きさ 26cm
ISBN 4810312569
NCID BA60238274
BA62367926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20545761
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想