漢字の世界 : 中国文化の原点  2

白川静 著

象形文字である漢字は、中国古代人の目に映る「世界」の象徴的表現であった。『字統』において詳説された漢字の意味を、本書は系統的・問題史的に語ってゆく。博識と明快な論理で、単なる字形の解釈を越え、ことばの始原に行きつく、無類の「ことば」「ことがら」典。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 言霊の信仰
  • 原始法の問題
  • 聖地と祀所
  • 生産と技術
  • 世に在りて
  • 生命の思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢字の世界 : 中国文化の原点
著作者等 白川 静
書名ヨミ カンジ ノ セカイ : チュウゴク ブンカ ノ ゲンテン
シリーズ名 平凡社ライブラリー
巻冊次 2
出版元 平凡社
刊行年月 2003.7
ページ数 354p
大きさ 16cm
ISBN 4582764746
NCID BA62350876
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20485034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想