なぜ言葉は変わるのか : 日本語学と言語学へのプロローグ

柿木重宜 著

「ら抜き言葉」はダメなのか?時代と共に変わりゆく日本語の不思議を、「喋りやすさ」と「恥の文化」の概念をキーワードに解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 音韻変化の要因
  • 2 語彙の変化
  • 3 文法の変化
  • 4 文字の変化
  • 5 言語学における言語変化の問題-通時的観点から
  • 6 心と言葉の関係について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ言葉は変わるのか : 日本語学と言語学へのプロローグ
著作者等 柿木 重宜
書名ヨミ ナゼ コトバ ワ カワルノカ : ニホンゴガク ト ゲンゴガク エノ プロローグ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2003.5
ページ数 173p
大きさ 20cm
ISBN 4888486379
NCID BA62349083
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20424463
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想