取締役の企業統治責任

守屋俊晴 著

続けざまに明るみにでた企業不祥事。適法に経営を行うべき経営者の見識と、それを監視する取締役の責任が問われている。本書は、長年監査実務に従事し、東京都の包括外部監査人などをつとめる著者が、過去に企金不祥事を防げなかったあるいは経営破綻を招いた事例をたどりながら、取締役に課せられた使命を、新しい法制度をふまえて詳述している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経営破綻と取締役の責任(取締役は問われている
  • 損失補填と業務監査責任 ほか)
  • 第2章 建設疑惑と取締役の監視責任(営業対策と賄賂
  • 談合の仕組みと監査役 ほか)
  • 第3章 内部チェックの考え方(内部統制システムの構築責任者
  • 判決にみる取締役の責任 ほか)
  • 第4章 新しい取締役会の機能(取締役会の役割
  • 取締役会の機能の重要性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 取締役の企業統治責任
著作者等 守屋 俊晴
書名ヨミ トリシマリヤク ノ キギョウ トウチ セキニン
書名別名 Torishimariyaku no kigyo tochi sekinin
出版元 中央経済社
刊行年月 2003.6
ページ数 226p
大きさ 22cm
ISBN 4502910708
NCID BA62342969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20420689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想