唐物語

藤原成範 著 ; 小林保治 全訳注

中国の古典に広く材をとった『唐物語』は、上流婦人のための中国故事の教養書として、十二世紀中末期に成立したと推測される翻訳物語集である。『白氏文集』『史記』『蒙求』『漢書』等から、玄宗皇帝と楊貴妃、反魂香、王照君、西王母等の故事を翻訳、翻案したもので、短篇物語二十七話から成る。優麗なる文章に、名歌や創作和歌を配して綴る異国の物語集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 王子猷、戴安陶を尋ぬる語
  • 白楽天、商人の妻の琵琶を聞く語
  • 賈氏の妻、夫の弓の技に心を解く語
  • 孟光、夫の梁鴻によく仕ふる語
  • 卓文君、相如に嫁ぎ、相如出世の語
  • 石季倫の寵姫緑珠、高楼より身を投ぐる語
  • 宋玉を恋ふる東隣の女、片思ひに泣く語
  • 眄眄、死別せし夫・長尚書を恋ひ続くる語
  • 張文成、則天皇后を恋慕して『遊仙窟』を書く語
  • 徳言、割り持ちたる鏡によりて妻の陳氏と再会する語〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 唐物語
著作者等 小林 保治
藤原 成範
書名ヨミ カラ モノガタリ
書名別名 Kara monogatari
シリーズ名 唐物語
講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2003.6
ページ数 411p
大きさ 15cm
ISBN 4061596012
NCID BA62336412
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20411997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想