新・東アジア経済論

平川均, 石川幸一 編著

アジア通貨危機をエポックとして、危機前を簡潔に総括し、危機後のアジア経済の展開と将来像を提示する。世界経済のなかでの位置を明確にし、アジア・世界の一部として各国経済を捉える視点を重視する。日本人の見たアジア経済論ではなく、共通の「アジア・アジア人」概念が創られつつあるアジアの人々の目を通した東アジア経済論をわかりやすく展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 世界経済のなかの東アジア-現代東アジアの経済発展とその課題
  • 第1部 東アジアの経済発展と企業活動(ASEANの経済発展
  • NIEsの輸出主導型発展と世界経済
  • 中国社会主義の改革開放と経済発展 ほか)
  • 第2部 グローバリゼーションと東アジア(金融市場の国際化とアジア通貨危機
  • 多国間投資枠組みとタイの投資政策
  • 韓国の経済危機と構造調整-労働市場の柔軟化とその影響 ほか)
  • 第3部 21世紀東アジアの課題(グローバリズムのなかの東アジア地域主義-円圏構想と東アジア共同体の可能性
  • 日本と東南アジア、過去から未来へ-インドネシアとの関係を中心に
  • 日本の経済協力の理論と理念 ほか)
  • 21世紀の東アジアとグローバル化の行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・東アジア経済論
著作者等 平川 均
石川 幸一
書名ヨミ シン ヒガシアジア ケイザイ ロン : グローバルカ ト モサクスル ヒガシアジア
書名別名 グローバル化と模索する東アジア
シリーズ名 Minerva text library 19
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2003.5
版表示 改訂版
ページ数 379p
大きさ 21cm
ISBN 4623038491
NCID BA62333301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20409794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想