源頼朝と鎌倉幕府

上杉和彦 著

承平・天慶の乱から北条政子の政治までの本格的通史!謀本人の子として伊豆に流されていた源頼朝が、平氏の専制政治を打倒する日本史上まれにみる激変をリアルに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 平安時代の東国における戦乱
  • 第2章 院政期の清和源氏と桓武平氏
  • 第3章 内乱の勃発と頼朝の挙兵
  • 第4章 内乱の展開-平氏政権の滅亡から奥州合戦まで
  • 第5章 鎌倉幕府支配体制の確立
  • 第6章 頼朝没後の鎌倉幕府-北条政子の政治
  • 終章 鎌倉幕府観はどう変化したか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源頼朝と鎌倉幕府
著作者等 上杉 和彦
書名ヨミ ミナモト ノ ヨリトモ ト カマクラ バクフ
書名別名 Minamoto no yoritomo to kamakura bakufu
出版元 新日本出版社
刊行年月 2003.5
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 4406030069
NCID BA62283123
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20418312
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想