母と娘の精神分析 : イヴの娘たち

クリスティアーヌ・オリヴィエ 著 ; 大谷尚文, 柏昌明 訳

前著『母の刻印-イオカステーの子供たち』で女性の性欲を男性の欲望に還元するフロイトの精神分析理論を父権的社会=男性優位社会のイデオロギーとして厳しく断罪した著者が、誕生から死に至る女の一生を、女性の立場から、女性の言葉によって語る試み。女性が人生のさまざまな岐路で直面する諸問題-恋愛、結婚、妊娠、出産、育児、避妊、離婚、更年期、等々-を"母‐娘"関係に隠された無意識の分析を通して読み解き、その対処法を示しつつ女の一生を連続性において捉えなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 女性に生まれる
  • 第2章 小さな女の子の生活
  • 第3章 思春期
  • 第4章 愛
  • 第5章 産児欲望
  • 第6章 避妊
  • 第7章 移行
  • 結び ホルモンと無意識

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母と娘の精神分析 : イヴの娘たち
著作者等 Olivier, Christiane
大谷 尚文
柏 昌明
オリヴィエ クリスティアーヌ
書名ヨミ ハハ ト ムスメ ノ セイシン ブンセキ : イヴ ノ ムスメタチ
書名別名 Filles d'Eve ou la relation mere-fille

Haha to musume no seishin bunseki
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2003.6
ページ数 194p
大きさ 20cm
ISBN 458802213X
NCID BA62265325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20529920
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想