マルサス理論の歴史的形成

永井義雄, 柳田芳伸, 中澤信彦 編

[目次]

  • 第1部 マルサス『人口論』の歴史的形成(オルテスの経済思想
  • マルサスとフランス社会思想
  • マルサス人口論と18世紀医学
  • フォックス派ウィッグとしてのマルサス
  • ウィリアム・ペイリーの義務論 ほか)
  • 第2部 マルサス『経済学原理』の歴史的形成(スミスとマルサス
  • 地代論におけるアンダソンとマルサス
  • タウンゼンドの救貧法批判
  • クラムプとマルサス
  • ローダーデイルの穀物法論 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルサス理論の歴史的形成
著作者等 中澤 信彦
柳田 芳伸
永井 義雄
中沢 信彦
書名ヨミ マルサス リロン ノ レキシテキ ケイセイ
出版元 昭和堂
刊行年月 2003.6
ページ数 299, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4812203031
NCID BA6224089X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20411774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想