心理学実験を愉しむ : 心理学の「日常性」と「科学性」

宮原英種, 宮原和子 監修 ; 加知ひろ子, 武藤幸穂 著

第1部は、「心理学基礎実験」としての項である。第2部は、「基礎的な心理学研究法と心理統計」である。この項は、第1部の「心理学基礎実験」を理解するのに必要と思われる最低限の知識としての研究法と統計を述べたものである。第3部、「特殊実験課題」は、その卒業論文のテーマへ至る一つのステップとして、もし必要であれば、その課題の一例としてあげたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 心理学基礎実験(錯覚を測定する
  • 色の世界に住む
  • 世界は安定している ほか)
  • 第2部 基礎的な心理学研究法と心理統計(基礎的な研究法
  • 基礎的な心理統計)
  • 第3部 特殊実験課題(チョムスキー理論に基づく幼児の二語発話の形成について研究せよ
  • 幼児における「数の保存」について実験し、考察せよ
  • 分類課題を用いて、ことばによって物事が対象化されることを実証せよ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理学実験を愉しむ : 心理学の「日常性」と「科学性」
著作者等 加知 ひろ子
宮原 和子
宮原 英種
武藤 幸穂
書名ヨミ シンリガク ジッケン オ タノシム : シンリガク ノ ニチジョウセイ ト カガクセイ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2003.5
ページ数 152p
大きさ 26cm
ISBN 4888487650
NCID BA62237137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20418589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想