イヴの卵

クララ・ピント-コレイア 著 ; 佐藤恵子 訳

奇怪な発生理論「前成説」はなぜ人々の心をとらえたか?多様な生殖観が花開いた科学革命期を鮮やかに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 知る勇気
  • 1 イヴのすべて
  • 2 アダムのすべて
  • 3 風は目に見えない
  • 4 前途有望なモンスター
  • 5 パンツをはいたカエルたち
  • 6 Hのつく言葉
  • 7 天球の音楽
  • 8 魔法の数字
  • エピローグ 結局決着はつかないのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イヴの卵
著作者等 Correia, Clara Pinto
佐藤 恵子
Pinto‐Correia Clara
ピント‐コレイア クララ
書名ヨミ イヴ ノ タマゴ : ランシ ト セイシ ト ゼンセイセツ
書名別名 The ovary of Eve

卵子と精子と前成説
出版元 白揚社
刊行年月 2003.4
ページ数 381p
大きさ 22cm
ISBN 4826901127
NCID BA62183796
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20393625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想