戦争の記憶と捕虜問題

木畑洋一, 小菅信子, フィリップ・トウル 編

本書を出版する理由は、日本における戦争の記憶のなかでともすると脇においやられがちな戦争捕虜処遇問題への関心を少しでも広げることにある。ただし本書は、この問題についての包括的な研究をめざしたり、何らかの統一的な結論を導き出すことを目論んだりした論文集ではない。本書は、捕虜処遇の実態そのものを扱った章から、捕虜処遇問題をめぐる法的側面を論じた章、この問題の歴史的背景を検討した章、戦後における和解への道程を探った章などから成り、戦争捕虜問題を考えていく際の視点を定めるにあたって手掛かりとなる多様な議論を提供することを目的としている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 規範と実態(戦争捕虜問題をめぐる西欧と日本
  • 国際法からみた捕虜の地位
  • ゲリラ戦と捕虜取扱い
  • 連合軍捕虜と泰緬鉄道 ほか)
  • 2 文脈と波紋(戦時下の大日本帝国における文化、人種、権力
  • 第2次世界大戦期における日本人の人種アイデンティティー
  • 「西欧文明」への挑戦?-日本軍による英軍捕虜虐待の歴史的背景
  • 赤い十字と異教国-近代日本の"非宗教"とナショナリズムについて ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争の記憶と捕虜問題
著作者等 Fedorovich, Kent
Havers, R. P. W.
Kinvig, Clifford
Towle, Philip
Townsend, Susan C.
三鬼 晴子
小菅 信子
斎藤 和明
木畑 洋一
池田 一人
藤田 久一
古屋 はるみ
渡辺 知
トウル フィリップ
書名ヨミ センソウ ノ キオク ト ホリョ モンダイ
書名別名 Senso no kioku to horyo mondai
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2003.5
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 4130210688
NCID BA62154131
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20434846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想