長期不況論 : 信頼の崩壊から再生へ

松原隆一郎 著

なぜ、不況から脱却できないのか。構造改革が進める日本型経済システムの解体とともに、終身雇用制など生活の拠り所への信頼は崩れ、将来不安が生じる。不安ゆえに人々が消費を控えることが消費不況の真因ではないか。不良債権処理論やインフレ目標論などを批判的に検討し、若者の間に広まる新しい消費スタイルに新生の希望を探りながら、信頼を瓦解させるだけの小手先の「改革」を超えて、金融や雇用制度への信頼を回復するための成熟した経済政策のあり方を考える。著者渾身の経済再建論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 構造改革の罠(一九九〇年代の経済政策の軌跡
  • 何をめざしているのか-構造改革の11の主張)
  • 第2章 日本の経済社会に何が起きているのか-長期不況論(消費不況という奇妙な現象
  • 長期不況の原因と帰結-制度崩壊が引き起こす不安
  • 構造改革論はなぜ制度の解体にこだわるのか ほか)
  • 第3章 市場社会が直面する新たな現実-信頼の崩壊から再生へ(生産要素と市場化の限界
  • グローバル資本主義の不安定性
  • 都市再生政策の病理 ほか)
  • 終章 経済社会のゆくえ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長期不況論 : 信頼の崩壊から再生へ
著作者等 松原 隆一郎
書名ヨミ チョウキ フキョウ ロン : シンライ ノ ホウカイ カラ サイセイ エ
書名別名 Choki fukyo ron
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2003.5
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 4140019638
NCID BA62152690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20416348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想