嗅覚・味覚障害の臨床最前線

阪上雅史 編

[目次]

  • 総説(嗅覚・味覚障害の臨床の現状と展望)
  • 解説(嗅覚障害患者の日米比較
  • まず行うべき嗅覚検査
  • 日常よくみる嗅覚障害とその治療
  • 新しい嗅覚機能検査法
  • 特殊な嗅覚障害
  • 味覚障害患者の動向
  • まず行うべき味覚検査
  • 日常よくみる味覚障害とその治療
  • 新しい味覚機能検査
  • 特殊な味覚障害 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 嗅覚・味覚障害の臨床最前線
著作者等 阪上 雅史
久保 武
加我 君孝
岸本 誠司
池田 勝久
書名ヨミ キュウカク ミカク ショウガイ ノ リンショウ サイゼンセン
シリーズ名 耳鼻咽喉科診療プラクティス / 池田勝久 ほか編 12
出版元 文光堂
刊行年月 2003.5
ページ数 220p
大きさ 26cm
ISBN 4830633239
NCID BA6214105X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20560664
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想