量子論の世界がわかる : 現代社会とその文明を支える最先端物理学

五十嵐靖則 著

さまざまな物理学者が知恵を出し合い、骨身を削って築き上げてきた壮大な理論体系である量子論。彼らはどのようにして非日常的なミクロの世界の法則を発見していったのか、どのようにして常識では理解の困難な量子の世界の出来事を理解してきたのか、そして今、どのような問題が議論されているのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「量子の世界」とは?
  • 第2章 量子概念はどのようにして形成されたか
  • 第3章 「波動」と「粒子」の二重性
  • 第4章 量子力学
  • 第5章 量子力学の応用
  • 第6章 原子核・素粒子・宇宙
  • 第7章 物性論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 量子論の世界がわかる : 現代社会とその文明を支える最先端物理学
著作者等 五十嵐 靖則
書名ヨミ リョウシロン ノ セカイ ガ ワカル : ゲンダイ シャカイ ト ソノ ブンメイ オ ササエル サイセンタン ブツリガク
書名別名 Ryoshiron no sekai ga wakaru
シリーズ名 読んで楽しむ教科書
出版元 ベレ
刊行年月 2003.4
ページ数 252p
大きさ 21cm
ISBN 4860640179
NCID BA62140647
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20406145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想