迷走するデジタル放送 : 明日を見通す12の論点

西正 著

BSデジタル、東経110度CS、地上波デジタルと変わりゆく放送メディア。そして、それとともに変革を求められる法規制。業界再編にまで結びつく放送デジタル化の未来を語る!2003年版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • BSデジタル放送不振の要因と浮上策
  • 東経一一〇度CS放送の動向は?
  • 地上波デジタル放送延期の可能性
  • スカパーのW杯戦略は無謀なのか?成功なのか?
  • 日本の放送行政をどうすればいいのか?
  • 放送を変えるかもしれない光波長多重技術の重要性
  • スカパーとケーブルテレビが揉める理由
  • BSデジタルは本当に不振なのか?
  • デジタル化は誰のために進めるのか?
  • マスコミ集中排除規制緩和とBS局のこれから
  • プライオリティのない日本の放送行政
  • 放送業界再編の方向性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 迷走するデジタル放送 : 明日を見通す12の論点
著作者等 西 正
書名ヨミ メイソウスル デジタル ホウソウ : アシタ オ ミトオス 12 ノ ロンテン
書名別名 Meisosuru dejitaru hoso
シリーズ名 B&Tブックス
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 2003.4
ページ数 196p
大きさ 21cm
ISBN 4526051179
NCID BA62138929
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20403845
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想